観光列車モニターツアー歓迎

北海道主催による観光列車モニターツアー(北海道観光列車旅行者動向調査モニターツアー・http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/stk/kanko_train_tours.htm)が、平成29年10月28・29日で実施され、モニターツアー参加者の歓迎を行いました。

モニターツアーでは、両日ともに音威子府村に数時間滞在する行程であったことからも、音威子府村役場をはじめ、観光協会、商工会女性部、NPO法人ecoおといねっぷさんなど、地域の各団体が協力し、「おもてなし」を行いました。

私たちのグループでは、歓迎対応とともに、いまとなっては懐かしの「駅の立ち売り」スタイルで、昔の駅弁風いなり寿司の販売やイベント限定の音威子府みそぷりん販売などをしました。

モニターツアーでは、JR北海道のリゾート列車を貸し切り、列車とバスを組み合わせた行程で行われました。

音威子府村では、村長、副村長、ゆるキャラおとっきーによる横断幕での歓迎、記念品の配布、ミニ音威子府そば試食提供、おといねっぷ美術工芸高等学校卒業生ガイドによる街歩きツアー、おといねっぷ羊羹等の特産品販売などを実施しました。

また29日には、年間乗降0人の「筬島駅」にも長時間停車し、駅前すぐの「エコミュージアムおさしまセンター BIKKYアトリエ3モア(砂澤ビッキ記念館)」をご覧いただきました。


最後、観光列車出発時には、全員で手をふってお見送りをしました。ぜひまたなにかの形で、音威子府村にお越しいただければ嬉しいです。


nociw*

北海道で1番小さな村 音威子府(おといねっぷ)村 まちづくりグループ